バイクの税金について

税金について バイクの税金について はコメントを受け付けていません。

税金の負担額

バイクには軽自動車税というものと、重量税という税金が必要となります。
しかし、バイクには取得税はかかりません。まずこのことを頭に入れて置くとよいでしょう。
なお、軽自動車税や重量税意外にも、自賠責保険に加入するための料金が必要となりますので、これからバイクに乗りたいと思っている人はあらかじめそれらの料金を支払うことができるだけの余裕を持っておくことが必要です。
そうすれば、いざという時に困らなくてすみます。

バイクの教習所に通い、念願のバイクを買うことになったけれども、ぎりぎりの予算でバイクを買ってしまったら、税金などを払うことができなくなってしまう、ということを避けるためにも、バイクを購入する際には、税金などの諸経費についてもきちんと調べておくようにすると良いでしょう。
そうすれば安心してバイクを購入することができます。

特にバイクに乗る人は若い人が多いので、そういうことを計画的に考えなくてはなりません。
アルバイトをしながら、お金を貯めて、バイクの教習所に通い、やっと残りのお金で中古のバイクを購入したものの、さらにそれに自賠責保険の支払いや、税金の支払いがあるとなると、それなりに負担がかかってしまいます。

つまり、初めてバイクに乗る時には、それだけのお金がまとまってどんとかかってくるということなのです。もちろん、ローンを組むなどの工夫によって、初期費用を抑えることはできますが、それでも税金などはローンを組むことはできないので、そういう分もしっかりと考えておくことが大切なことです。
そうじゃないと、全部はそろったけれども、税金などが支払えないばっかりにバイクに乗ることができないということにもなりかねません。

では、まずは軽自動車税について見てみましょう。軽自動車税というのは、原付およびバイクにかかる税金で、毎年徴収されます。また、排気量によって変わってくるので、自分のバイクが毎年いくら税金を納めなくてはならないのかということは、自分のバイクの排気量で確認するようにしましょう。
具体的な値段は次の通りです。
原動機付自転車の50cc以下が1000円、51cc~90ccが1200円、91cc~125ccが1600円、軽二輪の126cc~250ccが2400円、小型二輪の251cc以上が4000円になっています。

次に重量税を見て行きましょう。
重量税というのはバイクの重量に対してかかる税金です。
そしてこの重量税の支払い対象は126cc以上のバイクに限られます。
また、126ccから250cc以下の軽二輪については新車購入時のみの支払いとなり、251cc以上の小型二輪については、車検毎に支払う必要があります。
これも、自分のバイクがどのカテゴリーに入っているのかということを確認して支払うようにしましょう。
料金については軽二輪の126cc~250ccが6300円、そして小型二輪の251cc以上が5000円になります。

Back to Top