アメリカン

アメリカン

タイプ別バイクの紹介 アメリカン はコメントを受け付けていません。

各社のアメリカンスタイル

本格的なバイクに乗りたいと考えているならアメリカンも、候補の一つに入るでしょう。
特徴的なバイクですので、名前でぴんと来なくても見れば分かるという人も多いと思います。
アメリカンの特徴や価格を知ることで、自分がやりたいことに合っているかわかると思います。
まず、アメリカンと呼ばれるバイクの定義なのですが、アメリカンというのはバイクの種類のことです。
オフロードではなく、直線の道路を走ることに重点が置かれた構造や性能となっています。
では、アメリカンで有名なバイクはなんでしょうか。

スズキでは、イントルーダー、ヤマハではドラッグスター、ホンダではシャドウ、カワサキではバルカン、エリミネーターなどが有名で、サイトなどを見ていてもよく、名前が出てきます。
スズキのイントルーダーのとくこうとしては、重量が軽く、扱いやすいことと、軽い分ハンドルさばきがしやすいということです。
ただし大型の排気量の場合にはそれに伴って、重量感はアップしてきます。

ホンダのシャドウは、400も750も1997年に発売されていました。
その後、ホンダのアメリカンタイプのバイクは全てシャドウに統一されるほど、定番の形となりました。
特徴しては、やはりバイクのフォルムでしょうか。デザインが秀逸で、存在感が抜群!自分がアメリカンのバイクに乗っているという喜びを毎回与えてくれる、バイクです。
カスタム性能も良いので、自分の好みのバイクに作り変えることも可能です。

カワサキのバルカンは、言わずとしれた川崎重工業です。
ハーレー似たデザインで、高級感があります。
以前は、クラシックとカスタムタイプが発売されていましたが、現代ではクラシックタイプの900ccのみが発売されていますね。
カワサキのバイクはよく見ますが、その中でのこのタイプは多く出回っているのではないでしょうか。

ヤマハではヒラーゴという種類のアメリカンのバイクがありましたが、現在日本では正規販売はされていません。
金額は中古新車や車種によって違いますが、人気の車種は、中古と新車の値段がほとんど変わらない物があります。
アメリカンタイプのカスタムは、ハンドルまわりや、バレンンミラー、エンジンガードなどをカスタムしたり、シートやサスペンションを交換して、楽しみます。
自分の全くのオリジナルになるのもバイクの面白いところでもありますよね。
たまに、原型がなんだったのかが分からないくらい、カスタムされているバイクもあるほどです。

Related Articles

Back to Top