ビックスクーター

タイプ別バイクの紹介 ビックスクーター はコメントを受け付けていません。

良い乗り心地

バイクで最近流行しているのが、ビッグスクーターと呼ばれるものです。
若い人などは、これに乗りたいために、バイクの免許を取る人もいるのではないでしょうか。
ビッグスクーターを自分仕様にカスタムして楽しんでいる人が多いような気がします。
AKIRAなどの影響を受けている人も多いようで、たまに街に出るとAKIRA仕様にカスタムしているんだろうなというビッグスクーターに出会うことがあります。

ビッグスクーターについて、性能や特徴などについて書きますね。
ビッグスクーターの中で、売れ筋は、なんといっても250cc。
ゆったりとした乗り心地で、疲れにくいというのが特徴ですが、デメリットとしては50ccや125ccのように、小回りがききづらいという点だと思います。

ですが、乗りやすいので、比較的長距離の運転でも苦にならず、荷物もたくさん入るので、おしゃれなだけじゃなく、実用的な面を考えても、人気があるのがわかります。
ビックスクターの不動の定番と言えば、ヤマハとスズキではないでしょうか。
その中でも、ヤマハのマジェスティシリーズと、スズキのスカイウェブ250は定番中の定番です。
街中で走っている人は、この2タイプのバイクの人がかなりいるはずです。

ビッグスクーターはカスタムを楽しんでいる人も多いので、原型がわかりづらい部分もありますが、この2つはやはり全てにおいてバランスのとれたバイクなのでしょう。
バイクなのに、カワサキが出てこないことを不思議に思った人もいたかもしれませんが、実はカワサキも作っているのですが、あまり力を入れていないのか、わかりませんが、カワサキ製のビッグスクーターに乗っている人をあまり見かけないのです。

ホンダももちろんビッグスクーターは作っています。
フェイズというバイクは、軽く加速性能が良いバイクで、流線型のフォルムがいいですね。
フルフェイスのヘルメットが2個収納可能なスペースを持つ、フォルツァはやはり積載スペースが特徴です。
そして、このフォルツァは、ビッグスクーターの人気ランキングでも常に3位をキープするほどの人気バイクです。
スマートで使いやすい作りで、高級感が溢れています。

上位の2台は先程の定番中の定番、ヤマハとスズキです。
見かけが少しレトロで変わっているのが、フュージョンというバイクで、人と違うビッグスクーターに乗りたい人にはぴったりです。
いかがでしょうか。ビッグスクーターにも種類があることをわかっていただけたと思います。
気になった人は、街で走るビッグスクーターをよく観察してみるのも面白いかもしれませんね。

Related Articles

Back to Top