初心者のためのバイクの選び方

バイクに乗りたい!と思っても、今まで一度もバイクに乗ったことがない人がバイクを選ぶのは
なかなか大変です。何を基準に選んだら良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
また、バイクの種類もたくさんあるために、どうしたら良いのかわからないという人も少なくないはず。
バイクに乗りたいという人は、そのために教習所に通ったり、
ある程度自分でカタログを見たりしているので、バイクに対する関心は高いと思われますが、
だからといって、すぐに自分にぴったりのバイクを見つけ出すということは
なかなか難しいことなのかもしれません。ですから、バイクを選ぶのはとても大変なことなのです。
しかし、そういう人にどのバイクが良いのかを進めるのもまたちょっと大変なのです。

というのも、バイクのカテゴリーもさまざまあり、主なカテゴリーだけでも、
スーパースポーツ、ネイキッド、アメリカン、オフロード、モタード、トラッカー、スクーターなどが
あります。また、それだけではなく、排気量に関しても、50ccから1000ccを越える物まであり、
それぞれにまったく違う乗り物になっているのです。

ただ、やはり初心者の場合には、慣れというものが必要となります。
バイクに乗ったことがないのであれば、いきなり大型のバイクに乗ると、操作をするのが難しいです。
自分でバイクを乗りこなすことができず、バイクに振り回されているのではないかと
思ってしまうこともあるかもしれません。また、大型のバイクというのは値段もそれなりにするので、
もちろん、外見的な魅力などもあるとは思いますが、それはあきらめて、
最初は50ccの小さなクラスからじょじょにステップアップしていくのが理想的でしょう。

また、操作性なども考える必要があります。たとえば、スクーターの場合には、
クラッチ操作が不要ですし、一部の車種を除けばブレーキも両手操作となるので、走るのがとても楽です。
また、シートの下のラゲッジスペースにはヘルメットや大きな車種だと
テニスラケットやバットといったものも収納することができるようになっています。

ミッション車にはスクーターのような利便性や簡便性はないのですが、クラッチを使い、
ギアを選んだり、アクセルを操作するなどしてバイクをコントロールするという楽しみがあります。
つまり非常にメカニカルなのです。いかにもバイクを運転しているという実感を得ることができるでしょう。
つまり、スクーターとは真反対にあると言って良いかもしれません。
また、スクーターに比べると車種の選択肢が大きく広がり、
上位排気量バイクへのステップアップもしやすいのが大きなメリットと言えるでしょう。
ですから、そのふたつのカテゴリーで探してみるというのもひとつの方法です。

Back to Top