バイク保険の必要性について

保険について バイク保険の必要性について はコメントを受け付けていません。

保険内容とその数字

では具体的にバイク保険の中身について見て行くことにしましょう。
バイク保険というのは、強制加入の自賠責保険と任意保険にわかれています。
これは自動車保険と同じです。
自賠責保険というのは、自動車だけではなく、バイクも加入が義務づけられています。
つまり、これに加入しないと走行することができないので、気をつけましょう。
バイクの免許を取り、バイクを購入することになったら、自賠責保険には必ず加入しなくてはなりません。

次に任意のバイク保険についてみていくことにしましょう。
任意保険は自動車の保険とだいたい内容はほぼ同じです。
ところが、この加入率が大きく違って来ます。
バイクの場合の加入率は約30パーセントと非常に低い数値となっています。
因みに自動車の場合の任意保険の加入率は70パーセントと2倍以上違います。
なぜこのように加入率低くなるのかといいますと、まず、所有者の年齢も関係してきます。

バイクは乗用車と比べ比較的若年層が所有しています。
バイクを購入するために、アルバイトをしながらお金を貯めるケースが多く見られ、任意保険に加入する経済的余裕があまりないこともあります。
そして、バイクショップなどの個人商店などから購入することが多く、保険などの付加サービスが充実していないこともあがります。

正しく、保険の知識を持っている人からアドバイスを受けることが出来ないためでもあります。
しかし、自動車事故とバイクの事故の発生割合を比較してみると、約1.5倍バイク事故の方が高いと言われています。つまり、バイクを運転している時の方が自動車を運転している時よりもはるかに危険率が高いということになるのです。

さらに、乗用車とバイクの型を見ると一目瞭然です。
乗用車はある程度頑丈なボディに守られているところがあります。
しかしバイクは四方がボディに囲まれておらず寧ろむき出しの状態です。
そのため、ちょっとしたスリップ事故を起こした時に大惨事になってしまうことも考えられます。
そのようなことを考えると、毎月負担はかかってしまうかもしれませんが、安心料ということで任意保険に入っておくことは必要なことなのではないでしょうか。

安心してバイクに乗りたいというような場合、あるいは普段から長距離を走ることが多い場合などには、きちんと保険に加入することをおすすめします。
これは自分を守ることでもありますし、事故に巻き込まれた時に、他の人のことを守ることでもあるのだということをしっかりと意識して考えるようにしましょう。

Related Articles

Back to Top