任意保険の内容

保険について 任意保険の内容 はコメントを受け付けていません。

保険の詳細について

では先ほどまとめたバイクの任意保険について、もう少しその内容を詳しく見ていくことにしましょう。
まずは、他人のための保険である賠償保険から見て行きましょう。
賠償保険は人に対する対人賠償保険と、物に対する対物賠償保険のふたつがあることは前述した通りです。

対人賠償保険というのは、バイク事故によって、他人を死傷されたことで負うことになった法律上の損害賠償のうち、自賠責保険の支払額を超える部分に関して保険金が支払われるというものです。
この場合の相手というのは、歩行者や相手の車に乗っていた人、あるいは自分のバイクに乗せていた人などを指します。
ただ、記名被保険者や運転者本人、およびその家族の支障に対しては保険金は支払われません。

対物賠償保険というのは、契約をしているバイクの所有、使用または管理上の原因によるバイク事故などによって、他人の財物を壊すなどの損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に、その損害に対して保険金が支払われるというものです。
この場合の他人の財物というのは、他人の自動車、家屋、ガードレールなどを言います。
以上のふたつが賠償保険となります。

次に自分のケガための保険である傷害保険についてまとめましょう。
傷害保険には、人身傷害補償特約、搭乗者傷害保険、無保険車傷害特約、自損事故傷害特約があります。
これらの保険は、すべて運転者自身または同乗者が死亡またはケガ、後遺障害を負った場合などに支払われる保険です。

人身傷害補償特約というのはバイク事故または自動車事故などによって、記名された被保険者やその家族あるいは、ご契約したバイクに搭乗中の人が死傷した場合、その責任割合にかかわらず、被る損害について実際の損害額の全額を補償するというものです。
この場合の損害額というのは、治療費や逸失利益、精神的損害なども含みます。

搭乗者傷害保険は、契約したバイクに搭乗している人がバイクの事故によってケガをしたり死亡したりした場合、あらかじめ定められた額が補償される定額タイプの保険です。
実際の治療費や収入などの違いにかかわらず、契約した保険金額が支払われる死亡・後遺障害保険金と、ケガの部位と症状に応じて支払われる医療保険金があります。

次に、無保険車傷害特約というのは自動車保険に入っていない、または保険に入っていても補償内容が不十分な自動車との事故によって死亡したり、あるいは後遺障害を被られた場合に、無保険車を運転中の者などが負担すべき損害賠償額のうち、自賠責保険などの保険金額を超える部分に対して保険金が支払われるものです。
これは自分を守るためにも必要な保険ということができるでしょう。

自損事故傷害特約はガードレールや電柱、家屋などに衝突したり、がけから転落したりするといった単独事故などの、自賠責保険で補償されない事故で、運転者、搭乗者またはバイクの保有者が死傷した場合に定額の保険金が支払われるというものです。
これらの内容が任意保険の内容となるので、しっかりと覚えておくようにしてください。

Related Articles

Back to Top