AT限定普通二輪免許の取り方

免許について AT限定普通二輪免許の取り方 はコメントを受け付けていません。

AT限定普通二輪者免許の取得

AT限定普通二輪免許は、オートマチック車限定、400cc以下のバイクに乗る事が出来る免許です。
AT二輪車は、クラッチ操作を必要としない二輪車で、最近は大型スクーターなどが多くなっています。

取得は満16歳以上で可能となります。
取得方法については一般的に同じような流れとなりますが、運転免許試験場や運転免許センターなど、受験地によって違いがあるので確認してください。

AT二輪車はクラッチ操作が必要ないバイクを運転する免許なので、もちろんMT二輪には乗る事が出来ません。
クラッチ操作不要なので、技能教習時間が少ないという特徴があります。

AT限定普通二輪免許取得の流れ

教習所を利用する場合と、一発試験と呼ばれるダイレクト試験があります。
まず、教習所を利用する場合、二輪に乗るために必要な技能、学科を学ぶことができるため、一般的には教習所に通う方が多いです。
指定自動車教習所の卒業検定に合格すると、試験場での技能試験が免除となりますし、しっかりと技能と学科について学ぶことができるため、教習所に通う事がお勧めです。

ダイレクト試験の場合、実技も学科も運転免許試験場でそのまま受験します。
交通法規の知識、二輪運転の技能が必要です。

教習所の場合、技能教習、学科教習等を規定時間行い、卒業検定を受けます。
これに合格すると受験ができます。
ダイレクト受験の場合、そのまま受験です。

受験は適性検査、学科試験を行います。
学科は四輪普通免許、普通二輪小型限定免許以上の二輪免許保持者は免除となります。
学科試験に合格すると、教習所利用の方は技能試験免除です。
ダイレクト受験の方は技能試験を行い合格しなければなりません。

合格すると免許交付となります。

免許の申請に必要なもの、費用

教習所で卒業試験に合格した方は、卒業証明書が必要です。
発行から半年以内の住民票の写し、3cm×2.4cmの顔写真、筆記用具、認印、視力矯正が必要な方は眼鏡、コンタクトなどをもっていきます。
運転免許申請書と受験票は試験場で入手します。

教習所利用の方は、受験料1750円と交付手数料2050円が必要です。
ダイレクト受験の方は、受験料3050円と試験車使用料1550円、交付手数料2050円、取得時講習料12150円、応急救護講習料3750円が必要です。

適性試験とは何か?

免許を取得する場合、この適性試験を受けることになります。
適性試験というのは、身体検査と同じですが、車で公道を走る際に必要な事なので、これに不適正となると免許を取得できません。

視力検査では眼鏡、コンタクトなどの矯正等行い、若しくは裸眼で両目0.7以上あれば大丈夫です。
識別色彩検査は、信号の色、赤青黄の3色が識別できるかどうか、運動能力検査に置いては、二輪を運転する際に、支障を及ぼす身体障害がないか、聴力検査では補聴器などを用いてもよく90デシベルの音が10m以上の距離で聞き取り出来るかといったことを確認します。

Related Articles

Back to Top