AT小型限定普通二輪免許の取り方

免許について AT小型限定普通二輪免許の取り方 はコメントを受け付けていません。

AT小型限定普通二輪免許の取得方法

AT小型限定普通二輪免許は満16歳以上が取得できる免許です。
取得方法は受験地域、また取得方法によって違います。

AT小型限定普通二輪免許も、小型限定普通二輪免許も、教習所を利用する取得方法と教習所に通わず一発免許取得を狙うダイレクト受験があります。
教習所を利用する場合には、二輪に乗るための技能や知識、安全運転についての意識などを詳しく学ぶことができます。
指定自動車教習所の場合、卒業検定に合格すると免許取得試験における技能試験を免除され、受けなくてもよくなるのでお近くに指定自動車教習所があるようならそこを利用するといいでしょう。

運転免許試験場で、実技や学科などそのまま受験するのがダイレクト受験です。
二輪についての知識、交通法規を理解していること、また技能を持っていることが求められます。
近年、ほとんどの方が教習所に通い、試験を受けています。

教習所を利用する場合とダイレクト受験の違い

教習所尾を利用する場合、教習所で技能教習や学科教習を行い卒業検定に合格すると、受験資格を得られます。
受験では適性検査と学科試験を行います。

普通免許所持者は学科試験が免除となります。
指定教習所卒業試験に合格した方は、技能試験が必要ありません。

そして、指定教習所ではない場合、技能試験が必要です。
その後、取得時講習と応急救護講習を受けて免許交付となります。

ダイレクト受験の方は、教習所などに行くことなくそのまま受験となります。
適性検査、学科試験、技能試験、それぞれ合格すると取得時講習、応急救護講習を受けて免許交付となります。

AT小型限定二輪免許とは?

AT小型普通二輪免許で乗る事が出来るバイクは、オートマチック車限定、125cc以下の二輪です。
AT二輪車というのは、クラッチの操作が必要ないスクータなどの二輪車です。
クラッチ操作が必要ないので、二輪の中でも操作しやすく、最近はこうしたAT限定の二輪車の免許取得者も多くなっています。

もちろんAT限定なので、運転できるバイクはAT二輪車であり、MT二輪車は運転できません。
クラッチ操作が不要という事で、技能教習時間が短くなっています。

免許取得の流れ

適性試験は試験場で必ず行う身体検査で、眼鏡、コンタクト等使用可能な視力検査で両目0.7以上の視力があるかどうかを確認します。
色彩識別検査は、赤・青・黄色の三つの色が識別できるかをみます。
運転能力検査は、二輪の運転に支障がある身体障害等がないかを確認します。
聴力検査では、90デシベルの音が10m以上の距離で聞き取り出来るか(補聴器利用可能)を確認します。

適性検査で問題がないようなら学科試験を行います。
文章問題を90問、イラスト問題を5問、このうち90%以上で合格です。
普通自動車免許所持者は免除です。

技能検定は、検定コースを運転し、免許を取得できるだけの技能があるかどうかを確認します。
指定教習所で卒業検定合格者は免除です。
技能検定に合格すると取得時講習と呼ばれる危険予知、安全運転の知識、乗り方などを学び、応急救護講習を受けて免許交付です。

AT小型限定普通二輪免許に必要なもの、費用

指定教習所で卒業試験に合格した方は卒業証明書、発行後半年以内、本籍地の記載がある住民票の写し及び30mm×24mmの顔写真、筆記用具、認印、眼鏡やコンタクトレンズなどが必要です。
運転免許申請書や受験票は試験場にあります。

教習所卒業者の費用は、受験料が1750円、交付手数料が2050円です。
ダイレクト受験の方は、受験料3050円、試験車使用料が1550円、交付手数料2050円、取得時講習料12150円、応急救護講習料3650円が必要です。

Related Articles

Back to Top