普通二輪免許の取り方

免許について 普通二輪免許の取り方 はコメントを受け付けていません。

普通二輪免許の取得できる年齢と取得方法

普通二輪免許は、400cc以下のバイクを運転できる免許です。
この下に、125cc以下の小型限定普通二輪免許があります。
16歳以上で取得可能です。

取得方法としては、指定自動車教習所を利用して取得する方法と、運転免許センター、試験場でダイレクト受験する方法があります。
一般的には、教習を受けてからの方が合格率も高く、卒業検定で合格すると技能試験が免除となるので、教習所を利用される方が多いです。

教習所利用とダイレクト受験の流れ

指定自動車教習所を利用する場合、技能・学科の講習を受けます。
普通二輪免許で、普通自動車運転免許を取得されていない場合、技能教習が19時限、学科教習が26時限あります。
これを受けてから卒業検定で合格すると、受験ができます。

ダイレクト受験の場合、そのまま受験となりますので、学科、技能共にしっかりと身に着けておくことが必要です。

教習所利用もダイレクト受験の場合も、適性試験と学科試験を受けます。
学科試験は文章問題が90問、イラスト問題が5問、90%以上正解で合格できます。
普通自動車免許取得者については学科試験も免除です。

学科試験に合格すると、ダイレクト受験の方は技能試験を受けます。
教習所で卒業検定合格者は技能試験が免除です。
これに合格する事で免許交付となります。

受験に必要なものと費用について

発行から半年以内の住民票の写し、3cm×2.4cmの顔写が必要です。
普通自動車免許を取得されている方は必要ありません。
運転免許申請書、受験票、この2点は受験地にあります。

教習所にいった方は卒業証明書が必要です。
筆記用具、眼鏡、コンタクトが必要な方は持っていきます。
認印も持っていきましょう。

教習所から受験される方は、試験手数料1750円と交付手数料が2050円必要です。
この手数料については、政令で定める標準額という事で、違いがあるかもしれないので、各都道府県公安委員会に確認が必要です。

ダイレクト受験の方は、このほかに取得時講習の12150円と、応急処置講習の3750円が必要です。

二輪車安全運転講習会とは

ダイレクト受験をされる方には、二輪車安全運転講習会が開催されています。
二輪車安全運転講習会というのは、運転技能について再確認を行う事と、安全運転へ知識、安全運転するための技能向上を図るもので、これによって交通事故を防止するというものです。
実技を中心として行う安全講習で、無理なく実力をつける事が出来るように工夫されています。

ダイレクト受験の方は、学科、技能共に合格基準を満たされているのですが、そこからさらに、安全運転という事に留意した実力をつけることが必要でしょう。
その為に、こうした二輪車安全運転講習会などが開催されているのです。

Related Articles

Back to Top