バッグの選び方

装備について バッグの選び方 はコメントを受け付けていません。

バイクでツーリング、楽しいけれど装備も必要

ツーリングが趣味という人達を見ていると、用意周到に色々なモノを必要なだけ、コンパクトにまとめてバイクに積んでいます。
バイクで気持ちよく風を切って、観光したり、美しい景色を見る事の出来るツーリングは、バイクの醍醐味といえます。

ただ、バイクでも一部のバイクやスクーターの場合、荷物を収納するスペースがついていますが、他のバイクは収納スペースなどがついていないため、バッグを使う事になります。
タンクバックと呼ばれるものや、ディパックといったツーリングバッグを利用します。

使い勝手のいいバッグを選ぶと、日頃の運転にも利用できますし非常に便利です。

ツーリングバッグの種類

ツーリングバックには、テールバッグ、ディパック、サイドバッグ、ウエストバッグ、タンクバッグ、ヒップバッグなどがあります。
このうちバイクに装着するバッグとしては、テールバッグ、サイドバッグ、タンクバッグがあります。

サイドバッグはアメリカンタイプのバイクなどでよく利用されていて、振り分けるタイプです。
タンデムライド、荷物を積載するという事の両方に利用でき便利です。

タンクバッグはマップケースを兼ねてタンクに取り付ける事が出来るもので、小物類などを入れる小さめのバッグが一般的です。
マグネットで簡単に装着できますし、樹脂タンクの場合ベルトで取付けるものもあります。

テールバッグはシートに取り付けるタイプが多く、1泊くらいの旅行なら十分活用できます。
体容量タイプになるとロングツーリングにも対応できる便利なバッグです。
大きなものはタンデム出来なくなる可能性もありますので、サイズなどをよく見る必要があります。

ライダーが身に着けるタイプはディバッグ、ウエストバッグ、ヒップバッグがあります。
ヒップバッグはウエストとディパックの間というイメージのサイズで、腰ベルト、補助として肩ストラップでも利用ができます。

ウエストバッグはツーリングの補助バッグ、また普段使いのバッグです。
ベルトで腰に装着できます。

ディパックはリュックサックと同じですが、バイク用に設計されているのでぶれずに使いやすくできています。
ライディングスタイルをとっても動きを邪魔しないように作られているので、多くのライダーが利用しているバッグです。

ハードケースも魅力的

バイクに荷物を積むという事を考えると、ハードケースも魅力的です。
パニアケース、リアボックス、さらにケースを取付けるというタイプもあり、ケースの場合、耐水性がありますがちょっとお値段が高いです。
また取付の際、専用ステーが必要になり、気軽に利用できるという事ではありません。

しかし最近は簡単に取付できるケースも登場し、ツーリングをしているライダーのバイクを見ると、このハードケースを利用されている方をよく見かけるようになりました。

Related Articles

Back to Top