バイクカバーの選び方

装備について バイクカバーの選び方 はコメントを受け付けていません。

大切なバイク、バイクカバーはどうする?

バイクを大切にするためにはバイクカバーが必需品です。
車庫などがあればいいのですが、雨ざらしにするのもかわいそう・・・そこでバイクカバーを選択される方も多いと思いますが、バイクカバーも質が高く、防水防炎の加工がしっかりしているものが望まれます。

バイクカバーは、ただバイクにかける大きさがあればいいという事ではありません。
装着する時にも、装着しやすく、バイクをしっかり守ってくれるものでなければどうにもなりません。
そのため、機能性をしっかり見極める必要があります。

バイクカバーに欲しい機能性

安いバイクカバーでも必ず持っている機能が防水、はっ水加工です。
バイクは錆びつきなど極力起きてほしくありません。
最低限必要な機能として、防水、はっ水加工は必須です。

バイクカバーも安いものだと、ただバイクに掛けるだけで、帰宅したらカバーが風ですっ飛んでいた!!という事もあります。
こういう事があると、カバーがとんでいないかな?と心配です。
でもストッパーが付いていれば、バイクにしっかり装着できるので安心です。
絞りで縛るのではなく、バチンと止める事の出来るストッパーが必要です。

防犯アピールを共に行うという意味でバーロックがついているバイクカバーも魅力的です。
バーロックがカバーの上から見えるとなると、バイク泥棒も盗難に苦労する事になるので、手を出しにくいといいます。
更に最近はいたずらでバイクに火を付けられる事もありますので、防炎加工されていることも必要な質と考えましょう。

透湿性と溶けない加工

バイクのカバーをとってみたらとんでもない量の結露で、錆の元になる事もあります。
雨上がり、地面の水面をバイクのカバー内に吸いとってしまうため、結露したり、湿度が高いとカバー内部に水が付くという事もあります。
バイクカバーは透湿性があるという事もポイントです。

更に、バイクカバーは溶けないこと、これも欲しい機能です。
バイクのエンジンを止めてもしばらくはエンジンがかなり熱い状態です。
少し待ってカバーを出来ればいいのですが、急いでいる時などは即、カバーをかける事があります。
冷めるのを待つのが面倒という場合、溶けない仕様となっているバイクカバーが理想的です。

バイクに傷が・・・

バイクカバーをしていたらバイクに小さい傷が多数ついていて、それ以来、バイクカバーをしないようになったという人もいます。
でも雨ざらしにする方がよりバイクを傷めてしまいますので、バイクカバーは傷がつきにくいものを選ぶ事が必要です。

最近のバイクカバーは非常に質が高くなっていて、内生地が傷のつきにくい素材を利用しているものが多くなっています。
バイクに傷をつけないように、内生地にも目を凝らしてください。

Related Articles

Back to Top