グローブ

装備について グローブ はコメントを受け付けていません。

ツーリングのグローブはどう選んだらいい?

ツーリングのグローブは、どうやって選んだらいいのでしょうか?
バイクに乗るときは絶対にグローブをつけなければなりません。
なぜ、ツーリングのグローブを付けなければならないのかについてお話ししましょう。

どうしてツーリングをする時にグローブを付けなければならないのか、
それは「安全性」の問題が一番です。手に限らず、バイクに乗るときやツーリングを
するときは「体を衝撃から守る」という体勢をとっておかなければなりません。
それがどうしてか解りますか?

なせなら、バイクは車と違って体がむき出しのまま乗るのりものだからです。
万が一転んでしまった時、バイクだとかなりの大けがをしてしまうでしょう。
そのことがあるために、バイクに乗るときはできるだけ専用のウェアなどを使って
体を保護してあげなければなりません。

ツーリングをしている人のほとんどは、
きちんと専用のウェアを選んだ上で安全に気を配った運転をしています。
もちろん、ツーリングのグローブにもしっかり拘らなければなりません。
ではツーリングのグローブの選び方にちて考えていきましょう。

基本的には、ツーリングのグローブは皮を選ぶ

ツーリングのグローブは色々な種類が販売されていますが、
基本的には皮のものを選ぶのがいいといわれています。
これは、やはり革製のものが一番いいからでしょう。

ただ、夏などのツーリングのグローブはメッシュのものを選ぶ人が多いです。
夏はどうしても蒸れますし、不快感があるので皮ではなくメッシュがいいということなのでしょう。
一番駄目なのは「暑いからと言って手袋をつけない」ということ。
いくら暑くても、安全のために手袋は必須ですのできちんとつける様にしてください。

しかし、あまり分厚い手袋もいけない

とはいえ、いくら安全のためでも「分厚い手袋」はハンドル操作をおかしくする可能性があります。
ハンドル操作を誤ってしまう可能性があるのは一番よくないことですので、
きちんとしたグローブを付けた上で運転をするようにしましょう。

ハンドルを操りやすいかどうか、それを念頭において
ツーリングのグローブを選ぶようにしてくださいね。

ツーリングをするなら、やはり手袋などはきちんとしたものの方がいいです。
ちゃんとした手袋を選んだ上で、安全な運転を心がけていきましょう。
バイクを運転する時の安全は、こういうところから作っていくものです。
それはまちがいありません。

Related Articles

Back to Top