ハーレー・ダビッドソン STREET 750

車種・選び方 ハーレー・ダビッドソン STREET 750 はコメントを受け付けていません。

ハーレー・ダビッドソン STREET 750ってどんなバイク?

ハーレー・ダビッドソンがお今までにない新モデル STREET 750を開発しました。
これは、どのようなものなのか、バイクファンにとっては気になるところでしょう。

STREET 750を見た瞬間、「小さい。」と思う人が多いようです。
それもそのはず、ハーレーのバイクというと大きくてカッコイイというイメージが強いでしょう。
そういうバイクに比べますとこのSTREET 750はコンパクトで国内の400ccクラスぐらいに見えます。

新型水冷60°Vツインエンジンを積んだボディ、フロント100/80-17、リア140/75-15という小型タイヤであることも、そのように小さく見える要因でしょう。
シート高は低く、身長170cmの人ですと、両足裏が地面に余裕で着きます。
それに、軽いので、引き起こす時や押して歩くときは楽です。

エンジン始動具合と乗り心地

エンジンを始動させると、どうなるでしょうか。
排気音の大きさ等も気になるところでしょう。

実は意外に静かなのです。
排気音、メカニカルノイズ共に静かでVツインの鼓動てきなものも含め、1000ccに届かないでしょう。
同排気量クラスの国内メーカーモデルと似ているかもしれません。

ハンドルクリップは乗りますと、ライダーの上腹部ぐらいの高さでしょう。
手前に絞りがありますから、容易に手が届くようです。

そして、低いのはシートのみでなく全体ですから燃料タンクが股下から延びているような感じでしょう。
このくらいの低さですと、乗りやすいかもしれません。

エンジンの特性に癖はないようで、振動も少ないので、わりと快適な乗り心地でしょう。
それに、車体が軽いと言うのも乗りやすさを感じる一因かもしれません。

軽快な走りで使いやすい

STREET 750はそのコンパクトのボディのため、扱いやすいようです。
フロントブレーキ、リアブレーキの効きもまずまずですから、安心できます。

柔らか過ぎず、固すぎない前後のサスペンションも良いでしょう。
ミッドコントロールのステップは、踏み込んで車体を安定させるにはちょうどよい位置になっています。
また、ハンドルを大きめに切れますから、狭い場所でのUターンも楽々でしょう。

このように考えますと、軽快な走り、使いやすさはなかなか良いもののようです。
ハーレーブランドのイメージが変わるようなコンパクトさはちょっと不思議と思われれるかもしれません。
でも、この使いやすさ、快適な走りはバイク愛好家を満足させてくれそうです。

コンパクトサイズなので、女性が乗ってもいいかもしれません。
お好みなどもあるでしょうから、よくご覧になってお考え下さい。
試乗させてもらうと、その乗り心地の良さ、軽快な走りを体験できて良いでしょう。

Related Articles

Back to Top