ホンダ CBR1000RR

車種・選び方 ホンダ CBR1000RR はコメントを受け付けていません。

ホンダ CBR1000RRを通勤で使おう

ホンダのCBR1000RRはホンダのスーパースポーツ(以下SSと書きます。)のフラッグシップモデルです。
このバイクを通勤に使うのに、最適かどうか考えてみましょう。

このバイクは数あるSSバイクの中でも楽なポジションと言われています。
ただ、加速時、高速時でしたら、上体が起き上がって楽なポジションですが、車の流れにのるとなると、人にもよるでしょうが、二―グリップをしっかりとしないと腕、肩に負担が掛かるということもあるようです。
ですが、1週間くらいすると慣れますから、大丈夫という人がほとんどでしょう。
シート高は820mmですから、足つきは悪くないです。

ホンダ CBR1000RRのエンジンの特性

SSのエンジンは基本的には高回転型ですから、エンジンを回し、高回転域を維持して走行するようになります。
CBR1000RRは1速でリミッターが当たるまでエンジンを回しますと、100km/hを超えてしまいますが、公道では法定速度がありますので、1番パワーの出る回転域を使う事は出来ません。
因みに公道での法定速度は60km/h、高速道路では100km/hになります。

それでも、パワーを感じないという事はありません。
CBR1000RRは6000回転から7000回転を堺にキャラクターが変わったようになります。
何と言いましても、高速回転ですから、6000回転を過ぎたころから、ものすごいパワーになるでしょう。
びっくりするほどの加速度になるかもしれません。

しかし、6000回転より低い回転数でもパワーは十分です。
なぜならば、エンジンの回転がとても軽く回るからでしょう。
ホンダのCB400SFよりは、はるかに速く回転します。

但し、エンジンの熱がかなり高くなるので要注意です。
たとえば、事故等があって足止めされる場合でも、SSはパワーを絞り出すので、エンジンが暑くなってしまします。
そのような時は冷却ファンで冷やしましょう。

このようなことから考えますと、CBR1000RRは通勤に使えますが、夏場等の暑い日は要注意です。

ホンダ CBR1000RRはツーリングにもおすすめ

CBR1000RRはツーリングにもおすすめです。
何しろ、安定感が抜群のCBR1000RRですから、サーキットに持ち込んでも良いくらいでしょう。
そうなると、ツーリングには最適でしょう。

ツーリングでしたら、それほどスピードを出さなくても十分に楽しめますから、CBR1000Rにはちょうど良いかもしれません。
ポジションに違和感がある場合でも、乗っているうちに慣れるでしょう。

但し、性質上、CBR1000RRはスピードが出過ぎてしまいますから、スピードを出すのが好きと言う人は気を付けた方が良いでしょう。
多少の自制心が必要かもしれません。

このように、CBR1000RRは通勤にも使えますし、気の合う仲間とのツーリングもいいでしょう。
様々な用途で活用して、バイク生活を楽しみましょう。

Related Articles

Back to Top