ホンダ CBR600RR

車種・選び方 ホンダ CBR600RR はコメントを受け付けていません。

長い歴史のあるホンダCBR600RR

残念なことに、国内の4メーカーの中で大型二輪クラスの国内仕様フルカウルスポーツ車を生産し続けているメーカーはホンダだけなのです。
大型二輪クラスのCBR600RRはその中でも特にFの時代からの歴史があります。

今は逆輸入車、海外メーカーモデルを簡単に手に入る時代です。
そういったことは便利な反面、残念でもあるでしょう。

日本生産のものを望む声もありましたが、外国製のものを支持する人たちの声もありました。
このような時に日本での生産に踏み切るのは、なかなかの勇気でしょう。
しかし、それでもホンダは日本で生産にこだわったのでした。
ホンダのそのような姿勢は、大いに評価できるでしょう。

このように、ホンダは国内のユーザーを見捨てず、共に歩んできたのです。
そういうことからも、大型二輪愛用者は、ホンダにものすごく感謝しています。

07年のホンダCBR600RR

07年モデルのCBR600RRは国内仕様専用のアンダーカバーを新設計、国内の加速騒音規制に対応できる当時の新型CBR600RRでした。
今も新車で買える08年型も車体塗色を除けば07年型と同じです。

CBR600RRは国内仕様ならではの弱点を忘れてしまいそうなくらいものすごく優秀な運動機能があります。
この運動機能はCBR600RRの特徴でしょう。

7kg減のホンダCBR600RR

実はこの理由はなんと05年~06年型(二代目CBR600RR)より装備重量7kg減りました。
2年間で7kgという減り方はどんなダイエットよりもすごいです。
人間でしたら、リバウンドがあり、元に戻ってしまう事がありますが、バイクの場合はそんなことはないでしょう。

ただ、このように7kg減らすというのもなかなか大変です。
ホンダの研究員はバイクを軽くすることに大変だったでしょう。
研究員こそがストレスで激やせ、激太りになってしまったかもしれません。

人がダイエットして体の動きが良くなったように、大型二輪も車体の重さが減りましたから、従来の型と比べますと小回りがきくようになりました。
減速、旋回、Uターン、押し歩きまで、軽いので楽です。

その他にこの激やせぶりがもたらした効果ですが、現行CBR600RRは峠道も極めてクイックなコーナリングを味わえます。
それも過敏過ぎず、ほど良いまとまりがあるところが良いでしょう。
そうなるとスポーツィライディングを心の底から楽しめるのです。

CBR600RRの良いところはそのような軽さのみではありません。
車体がコンパクト、エンジン出力は大型二輪初心者でも扱えるレベルです。
このようなことから、スポーツライディングの基礎を学ぶには最適の乗りものでしょう。

Related Articles

Back to Top