ホンダ モンキー

車種・選び方 ホンダ モンキー はコメントを受け付けていません。

レジャーバイクとしても人気があるホンダ モンキー

モンキーシリーズはホンダが製造、販売を行っている原動機付自転車となっています。
小型のレジャーバイクとしても有名となっていますが、車種名を聞いただけで人気の高さを伺うことができます。
最新型はJBH-AB27で、姉妹車となっているゴリラなどと一緒に、4MINIと総じて呼ばれています。

車名においてはそれぞれ霊長類であったり、類人猿のサルやゴリラが由来となっています。
ホンダ モンキーはサルになりますが、発売するにあたり決定したホンダ モンキーは、運転を行っている人間のスタイルがサルに非常に似ていたなどの理由からホンダ モンキーという名前になったという説があります。

最初のモデルは1961年に開催された東京モーターショーにて発表ました。
レジャーバイクとして人気が高かったZ100型というタイプが原型となっており、当時ホンダが経営を行っていた多摩テックのアトラクションとして製造されたことからスタートしています。

1964年になるとホンダ モンキーはモデルチェンジされていき、CZ100として販売されていきます。
日本国外へ輸出を行うようになり、販売先でも好評となりました。
国内向けでも公道の走行ができるようにホンダ モンキーはカスタマイズされていきました。

ホンダ モンキーは非常にシンプルな構造となっていますので、整備士資格を持っていない人としても簡単に分解したり、組み立てをおこなっていくことができるというのも魅力的です。
搭載されているエンジンも、数多くの車種で採用されている水平シリンダー型の単気筒エンジンを搭載しています。
現在では白バイ仕様にカスタマイズされたホンダ モンキーもイベントなどで見かけることができます。

種類が豊富なホンダ モンキー

国内向けで最初のホンダ モンキーというのは、1967年に発売ましたが、当初は人気が高かったCZ100の車体を活用しながら、サスペンションがない状態で5インチのタイヤを採用していました。
搭載されているエンジンをみていくと、スーパーカブに準じて空冷で50ccの単気筒エンジンとなっており、バルブ機構もカブと同じようになっていたのです。

さらに乗用車などへ搭載していくことを前提にしており、燃料が漏れないように装置がついていました。
タンクキャップやドレンコックがついているキャブレター、さらにハンドルが折り畳めることでもホンダ モンキーは人気を集めていました。

そして2009年にはエンジンへ燃料を供給していくさいに電子制御で行えるように変更しており、エキゾーストパイプへキャタライザーがホンダ モンキーに内蔵されていきました。
排出ガスの規制にもホンダ モンキーは適合されており、現在でも人気を集めています。

Related Articles

Back to Top