ホンダ レブル250

車種・選び方 ホンダ レブル250 はコメントを受け付けていません。

ホンダ レブル250が復活!

レブル250は、ホンダが1985年に発売したアメリカンスタイルのバイクです。
乾燥重量137kgのボディと良好な足つき性だけではなく、フラットなトルク特性の燃費にも優れた2気筒エンジン搭載のバイクでした。
レブル250が生産終了になった背景には1998年施行された排気ガス規制がありました。
最後のマイナーチェンジは1994年でした。

それでも、北米には輸出が続けられ、人気は続いていたのです。
アメリカは大きなバイクが主流ですから、小さなバイクはほとんど製造されていませんから、このような250ccのバイクは近所を走行するのに最適なのでしょう。

以来、アメリカではモデルチェンジすることなく走っていたレブル250ですが、2016年、モデルチェンジで日本において発売となったのです。

どのようにモデルチェンジしたのか、ご説明いたしますと、並列気筒エンジンから、単気筒エンジンになりました。
また、日本国内むけには250ccのみでなく、500ccも発売されるようになったのです。
海外向けには300ccと500ccになりました。

装備をチェックしてみよう

では、レブル250の装備はどのようになっているのでしょうか。
まずは、国内と海外では仕様が異なると事に注目しましょう。

海外ではシングルシート仕様、国内ではダンデムシートです。
シート高は690mmですからちょうど良いでしょう。

ハンドルロックはアメリカンスタイルです。
エンジンはCBR250Rのエンジンをベースにレブル250用の単気筒エンジンが搭載されています。
タンク下はかなり空いているようです。

デザインはシンプルな形になっています。
タイヤは排気量から見ますと、かなり太めのものが採用されているようです。
タイヤサイズはハーレーのフォーティーエイトと同じものになっています。

どうも、レブル250はハーレーのフォーティーエイトと似ているスタイルのようですが、ステップの位置は異なっているようです。

スポーティーで軽快な走り

レブル250は乗りやすいようです。
すぐに気軽に乗れますから、近所にお出かけという時も便利でしょう。

低速から早めにシフトチェンジして、速い回転で走るのがこのバイクに合っているようです。
スロットルを回すと加速出来ます、

ちょうどよい速さは60m/h~80m/hくらいで、ゆったり走るのがレブル250には合う様です。
通勤やツーリングというゆったり走れるような状況の時にはぴったりの1台かもしれません。

ツーリングに行こう

春や秋等の気候がちょうどいい季節にレブル250に乗ってのツーリングは楽しそうです。
お友達を誘ってもいいでしょうし、バイクの免許を持っているようなお子様がいるご家庭でしたら、家族でツーリングもいいでしょう。

また、毎日の通勤やお買い物にもレブル25は役立ちます。

Related Articles

Back to Top