ホンダのバイク

車種・選び方 ホンダのバイク はコメントを受け付けていません。

メーカーを絞って探す

バイクを選びたいと思っても、たくさんあるバイクの中から自分にぴったりのバイクを選ぶのは至難の業です。
しかも、早くバイクに乗りたいと気ばかりがあせってしまって、なかなか自分にふさわしいバイクをゆっくりとじっくりと納得のいくまで探すことができないという人も多いでしょう。

そんな場合には、もう最初から何かを絞ってしまうこともひとつの方法です。
その絞り方にもいろいろとあります。
たとえばメーカーを絞るというの方法。バイクのメーカーというのはたくさんあります。
たとえば国内のメーカーですと、市場シェア-は、「4大メーカー」と呼ばれるホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社でほぼ固められています。
それぞれのメーカーごとに特徴やコンセプトがあるので、それぞれの雰囲気をつかむことによって、自分にぴったりのバイクを選ぶことができるのではないかと思います。
たとえば、自動車メーカーとしても有名なホンダを見てみましょう。

(参考サイト)ホンダ バイク

世界的に有名な企業のホンダは、もともとは創業者である創業者の本多宗一郎が自転車に補助用エンジンを搭載した二輪車を開発し、それを販売したところからスタートしています。
それぐらいなので、やはりバイクに対する評価もとても高いのです。
今でも販売されているベストセラーのスーパーカブシリーズは、開発から50年以上も経過しています。
さらに、燃費や使い勝手という面でもバイクとして高い評価を受けているのが大きな特徴でもあるのです。
また、バイク市場では世界首位を誇っていて、販売網の大きさやアフターサービスなども強みとされています。

ホンダは車というイメージが強い人でも、上記のような理由でバイクを選ぶ人もいるでしょう。
販売網が大きかったり、アフターサービスがよいというのは、初めてバイクを選ぶ時にも大きな利点となります。
それだけ知っている人が多いということですし、アドバイスをしてくれる人も周りにいるはずです。

もちろん、マイナーなバイクに乗るというのも面白みはありますが、最初のうちは慣れるということもあり、一般的に知られているバイクに乗って、様子を見てから、少しずつ自分好みの物に乗り換えていくという方が良いような気がします。

ホンダのバイクの強みはなんといっても、その種類の豊富さです。
さすがに世界首位の市場を誇るだけあります。50cc以下の原付一種でも、ジョルノ、ジャイロ、スーパーカブ、ズーマー、ディオ、トゥデイなど、16種類ものバイクがあります。
これだけ種類があれば、初心者でも楽しみながら選ぶことができるのではないでしょうか。

Related Articles

Back to Top