ニンジャ250R

車種・選び方 ニンジャ250R はコメントを受け付けていません。

ニンジャ250Rとはどのようなバイクか

ニンジャ250Rというバイクがありますが、2008年4月からカワサキにて販売しているオートバイですが、多くの人が購入したがっているバイクになっています。
世代が変わっていく毎に、走ることを楽しんでいくことができるバイクになっています。

まず第1世代をみていくと、世界各国で自動車における排出ガスの規制が強化されてきています。
その流れをオートバイでも及んでおり、新しい排出ガスの基準をクリアしなければなりません。

そこでニンジャ250Rが排出ガス基準をクリアできるように登場したのです。
これまでのカワサキが製造しているバイクは、どうしても排出ガス規制をクリアすることができませんでした。
そんな中で登場したのがニンジャ250Rということで、世界各国で注目を集めていくことになります。

ニンジャ250Rへ搭載されているエンジンをみていくと、前に販売していたZZR250と同じようになっています。
それは248ccの水冷4ストロークで、並列2気筒DOHCとなっています。

この搭載されているエンジンというのは、もともとGPZ250Rへ搭載をしていたものが基本設計となっていました。
息の長いシリーズになっていましたが、これをニンジャ250Rでは他にもシリンダーヘッドの周辺であったり、カムチェーンテンショナといったパーツを改良していきました。
価格はおよそ50万円となっていましたが、徐々に値上がりをしていくようになります。

値上がりを続けていく中で、第1世代は交代をしていくことになります。
現在は第2世代のニンジャ250Rが販売されておりますが、現在は輸入コストを意識していきながら日本だけでなく、新興国で製造を行っている傾向にあります。

ニンジャ250Rは海外でも人気が高い

海外でも人気が高くファンを魅了し続けているニンジャ250Rですが、常に調査を行いつつユーザーが求める姿へと変わっていきます。
風防を行うためにカウルをリニューアルしていきつつ、周囲から目立たないように二眼式ヘッドライトが搭載されています。

他にもニンジャ250Rでは太めのタイヤを利用していますが、これでボリューム感が生まれていくようになりました。
最大のセールスポイントとなっている停車中に関して、問題となっていた熱風処理も処理できているようになっています。

ニンジャ250Rで冷却装置がついたことによって、運転をしていて信号待ちの時に不快な熱気がエンジンの周りより流れていくようになっていきました。
こうしてニンジャ250Rは重厚なボディであったり、独特のカラーリングだけでなく常識を覆していくような構造へと変わっていきます。
もともとのエンジンの力強さも相まって、ニンジャ250Rはさらに世界各国で注目されていくことでしょう。

Related Articles

Back to Top