中古バイクの注意点

車種・選び方 中古バイクの注意点 はコメントを受け付けていません。

バイクの中身

バイクを購入しようと思ったときに、金額や、車種の関係で中古も選択肢に入るという人はいると思います。
新品だから良いわけではなく、中古でも自分の条件に合ったものなら十分に乗れます。
しかし、中古バイクを買うということは、一度人が使ったもの、作られてから長年経過しているものがあります。
注意しないと、すぐに壊れてしまったりして、直すのに余計にお金がかかったりすることもありますので、気を付けないといけません。

中古のバイクの選び方で注意するべきところはどこでしょうか。
中古バイクは、中古ですから、前にオーナーがいたものです。
その人がどのように使用してきたかによって、バイクの状態は違います。
大切に使ってきた人のバイクであれば、中古の状態であっても、快適にライディングを長く楽しむことができるでしょう。

逆に、粗末に扱ってきたようなバイクであれば、安く売られているので初期投資は安く済みますが、すぐに故障や不具合が起きたりして、結局修理代や新たなバイクの購入代で、費用が余計にかかってしまったりということが十分に考えられます。
高いものがいいという訳ではありませんが、安いバイクにはそれなりの理由がありますので、注意が必要です。

もし、バイクを初めて乗る際に、中古にするのであれば、バイクをよく知っている人についてきてもらうのが一番いいのですが、そうもいかない場合には、最低限のチェックだけ忘れないようにしましょう。
それは、バイクの転倒履歴やカスタムなどです。
そしてその報告がもしなかったとしても、塗装部分が何か変だったり、変な場所にへこみがったりなども注意してみるようにしましょう。

カスタムバイクは中古ではあまりおすすめはしないという考えの人も多いようです。
カスタムされているものは、元の原型でどの程度のものだったのかがわかりにくいのと、前オーナーにとっては使いやすい仕様に変更されているかもしれませんが、あなたにとって使いやすいとは限りません。
また、消耗品の状態もチェックできるようにしておきましょう。

消耗品が置いてある状態で磨り減っていたり、かなり使っているような状況だと、購入してすぐに、パーツ交換などがありえます。
サビがあるバイクも要注意です。

サビは出してしまう人は、バイクを大事に扱っていなかった可能性も十分にかんがられますので、内部にも支障があったり、見えない部分もサビが出ていたりする場合も多いからです。
ただ、初心者には判断が難しいこともありますから、そのバイク屋さんと仲良くなって、いろいろと教えてもらうのが一番いいと思います。

Related Articles

Back to Top