バイクの種類

車種・選び方 バイクの種類 はコメントを受け付けていません。

豊富な用途

バイクには種類があります。
道路にはたくさんの種類のバイクが走っているのをよく見かけると思いますが、どんなバイクがあるのかを書いていきたいと思います。
バイクにはそれぞれで特徴や長所、短所があります。
種類はアメリカン、スーパースポーツバイク、オフロード車、ビンテージ、ビッグスクーター、原付、ななはんなどです。

どうですか。
バイクに興味の無い人には、なんのこっちゃという感じだと思いますが、バイクにもこれだけの種類があります。
もちろんそれぞれに特徴がありますので、簡単に特徴を書いていきたいと思います。
アメリカンは、ハーレーなどが代表的なもので、長距離のっていても疲れにくいゆったりとした構造となっています。その代りスポーツ性などはないため峠越えなどに向いているバイクではなく広い通りをゆったりと走るというタイプのものです。
荷物も多く乗せられるので旅などを一緒にするにはいいバイクではないでしょうか。

スーパースポーツバイクは通称SSと呼ばれ、前傾姿勢で乗るタイプです。運動性能が高く、300km以上は出せないようになっているが、それ以上出せると言われています。市場は日本製バイクがほぼ独占しています。ただ倒れやすいので注意が必要です。
スポーツバイクの中にはレーサーレプリカと呼ばれる、レースに使っていたものがあります。これはレースに使われていただけあって、性能がすごいです。

ツアラーは、長距離の移動を快適にするための機能があるバイクたちのことです。これはバイクの種類というよりも、スポーツバイクなどでも長距離移動用の風よけや荷物入れなどがついていれば、ツアラーと呼ばれることもあるので、特徴と言った方がいいかもしれませんね。

オフロード車は名前の通り、道路以外の補正されていない砂利などを走れるバイクのことです。もちろん舗装されている道路も走ることができます。
特徴的なのはタイヤでしょうか。ギザギザとしたタイヤを目にする機会も多いと思います。
ただ、これはスピードを出したい人向けというよりも、洗い道を走ってみたい人用のバイクです。車体も軽いですので、高速を走る際には注意が必要です

ビンテージ、ビッグスクーターなどは最近のおしゃれな若者にも人気があるタイプですね。
ななはんなどは750ccのものですが、女性などは大きなバイクはみんな「ななはん」だと思っている人も多いようです。
他にも種類や特徴はありますので、全てを兼ね備えたバイクというのはなかなかないので、自分の走る目的を考えながら選ぶといいのではないでしょうか。

Related Articles

Back to Top