スズキのバイク

車種・選び方 スズキのバイク はコメントを受け付けていません。

安くて高性能なバイクを作り続けている

どうしてもバイクに乗っている人にとっては、スズキのバイクが安っぽいという印象を受けてしまう人が多いです。
しかし決してスペック上スズキのバイクは劣っているというわけではありません。

安っぽい印象は決して間違ってはいませんが、スズキのバイクというのは、ある程度コストを下げており、安いバイクを常に作り続けているのが実情となっています。
スズキのバイクはとにかく安くバイクを製造していくことを意識しています。
見た目が若干チープという人も多いですが、スズキのバイクは魅力的なバイクとも言えるでしょう。

性能について、スズキのバイクは安いながらに妥協をしていないことが多くため、乗っていても快適に感じることができるでしょう。
400ccで販売されているスズキのバイクのラインナップをチェックしていくと、人気が高いGSRでは61psという数値をたたき出しています。
他のメーカーよりもスズキのバイクは高性能というのがわかります。

GSX-Rシリーズでは性能が値段の割に高いだけでなく、エンジンの部分をチェックすると非常に丈夫ということは世界にも誇れます。
さらにスズキのバイクのエンジンパワーというのは定評が高くなっており、隼でも197馬力あります。
これは驚異的なパワーといえるでしょう。

チャレンジ精神が旺盛なスズキのバイク

とにかく個性もスズキのバイクは追求しています。
一般受けしないデザインも平気でリリースしていたり、誰に需要があるのかわからないモデルもスズキのバイクにはあります。
それなりのチャレンジ精神を持っているのも、スズキのバイクの特徴です。

例えば隼でだとライダー以外でも知っているバイクですが、スズキのバイクの歴史の中でカタナは名車として、現在も愛されています。
オプションパーツを販売しているメーカーのヨシムラと協力していきながら耐久レースへも参戦していますが、強豪チームを抑えて優勝しています。

様々なジャンルのバイクが提供されている

人気が高いのがGSX1300Rの隼で1999年に発売されました。
市販車としては初の時速300キロを超えたスズキのバイクとして人気を集めており、世界中のオーナーが虜になっています。
GSX1100Sの刀は1981年に販売開始されましたが、とにかくデザインや性能において話題をさらいました。

大型オンロードマシンとしても有名で、根強い人気を誇っています。
約20年間に渡って販売されましたが、発売された当時より日本の道路交通法においては、セパレートハンドルのバイクが禁止されていました。
それだけに残念がるユーザーも少なくありません。
今後も独特なバイクで楽しませてくれることでしょう。

Related Articles

Back to Top