スズキ GSR400

車種・選び方 スズキ GSR400 はコメントを受け付けていません。

スズキ GSR400とはこんなバイク

スズキ GSR400は2006年の5月から発売開始されたバイクになります。
バイクへ搭載されるエンジンは水冷直列式の4気筒エンジンとなっていますが、これは鈴木が提供しているスーパースポーツバイクであるGSX-R600がベースとなっています。

400ccについてはクラスで初となっているフューエルインジェクションが採用されていますが、これは32ビットのでのエンジンコントロールモジュールが制御しています。
最高出力では自主規制上限までスズキ GSR400はアップしています。

メインフレームを見ていくと、スズキ GSR400ではアルミ製になっているツインスパーのタイプが採用されています。
正立式になっているフロントフォーク・モノショック方式となっているリアスイングアームがスズキ GSR400ではありますが、リッタークラスと同じくらいのワイドラジアル式のタイヤが装備されています。

そしてスズキ GSR400ではサイレンサーがシートの下へと装備されています。
このようにスズキ GSR400では走行について強く意識されているデザインとなっています。
高速をより重視していく結果を生み出していますので、スズキ GSR400を利用するという方も少なくありません。

スズキ GSR400は不安が少ないバイク

スズキではクラスネイキッドといったバイクが販売されていますが、スズキ GSR400は差別化を図っています。
パワーを持っているエンジンがスズキ GSR400の武器であり、支えているのがスーパースポーツの直系となっている、高剛性のアルミダイキャスト製のツインスパーフレームやサブフレーム付きとなっているスイングアームです。

見た目が非常に美しくなっているだけでなく、高速域でも決して車体がブレていくことがありません。
安定した走りを実現することができるのも、スズキ GSR400の魅力となっています。

そしてスズキ GSR400は異型のヘッドライトがありますがデザイン性が非常に高くなっており、ハロゲンのヘッドライトであったり2灯のポジションランプがしっかりと搭載されています。
明るさも保証されており、夜でもリアビューが美しくなっています。
ただ少し重さがあるので小柄な方がスズキ GSR400へ乗る時には、ガソリンをあまり入れずに調整しながら乗りましょう。

安定感があるスズキ GSR400

スズキ GSR400の中にはABSが搭載されていますので、安定感があるブレーキングが実現されています。
またタイヤのロックも防いでいくことができますので、安心している要素ともいえるでしょう。
低燃費というのも高評価ですので、しっかりと楽しみましょう。

Related Articles

Back to Top