ヤマハのバイク

車種・選び方 ヤマハのバイク はコメントを受け付けていません。

ヤマハとはどのような企業か

ピアノなどの楽器を作っているメーカーとしても知られているヤマハですが、バイクについてもクオリティが非常に高くなっている化け物とまでいわれているメーカーです。
多角的にヤマハではビジネスを展開しているのがわかりますが、もともとは1955年1月、日本楽器製造にて社内事業の一環でオートバイの生産を開始していきます。
これが7月には事業を分離させていき、オートバイ事業が本格的にスタートされていきます。

ヤマハのバイクはトヨタと提携しながら高い技術力があります。
これは諸説ありますが、中でもトヨタの名車といわれている2000GTについて、ヤマハの技術者が開発に関わっているという話もあります。
見た目がとてもオシャレで、綺麗にまとまっているのが特徴的です。

デザインはヤマハのバイクでも反映されており、最初のバイクであるYA-1ではデザインがしっかりと意識しています。
デザイン会社への外注が功を奏しており、現在までヤマハのバイクまで反映されています。
技術面についてもトヨタへと提供されているスポーツエンジンによって培れていきました。

まるで優等生のようなバイクになっていますので、ヤマハのバイクは飽きないという方も多いです。
メインのカラーリングについては白系や青系、そして黄色もしくは赤のストロボカラーといったカラーが有名となっています。

洗練されたカラーリングが多いのもヤマハのバイクの特徴といえるでしょう。
ヤマハのバイクで有名な車種にはSRシリーズやセロー、シグナスなどといったものがあります。

ヤマハのバイクは性能がよい

バイクを知らないという人は、ヤマハではバイクも作っているのと驚いてしまうことでしょう。
それほどヤマハ発電機ではバイクを製造していますが、これはトヨタと提携しながら行っています。

そのため昔から高い技術力を持っているのを感じることができます。
トヨタの名車でもある2000GTは、多くのヤマハの技術者が介入しています。
そんな中で見た目について妥協点を決して見つけだすことが難しいともいわれているくらい、ヤマハのバイクは非常に綺麗でまとまっているのがわかります。

独特な文化が生みだされていきますが、ヤマハのバイクの中でV-MAXという車種では見合ったバイクのカテゴリーが見つからず、V-MAX自体をカテゴリー化させていこうという流れになりました。
他にもセローは昔流行したヤマハのバイクでトレールという車種をモチーフにしています。

初心者も気軽に簡単に荒れ地をしっかりと走行していくことができるようになっていますので、根強い人気を常に持っています。
WR250Rでは4ストロークかつオフローダーとしてヤマハのバイクの中でも最強であり,これ以上の性能を持っているバイクも他メーカーより出ていません。

Related Articles

Back to Top