ヤマハ YZF-R1

車種・選び方 ヤマハ YZF-R1 はコメントを受け付けていません。

サーキットで見かけるヤマハ YZF-R1

全国各地でバイクのレースが開催されていますが、その車種の中にヤマハ YZF-R1があります。
これはYZR-M1の思想がしっかりと受け継がれており、サーキットで最速を目指してヤマハ YZF-R1が生まれ変わった形で登場したことになります。

このヤマハ YZF-R1はサーキットなどで興奮できる走り方を追求していきつつ、1998年に最初に登場しました。
これが世界各国で注目を集めていくことになりますが、ヤマハ YZF-R1は様々なレースへ参戦していったりサーキットの走行へとシフトチェンジをしていくことによって、YZR-M1がもっていたサーキットで最速を具現化させていくようになります。

ヤマハ YZF-R1に乗ることで、ライダーが常に走りへ集中していけるようになっていきます。
全く新しいスタイルとなっているヤマハ YZF-R1は、進化し続けている直列4気筒のクロスプレーンエンジンが搭載されています。
最新生産で軽量化されているエンジンは、技術と徹底している馬力を実現しています。

また吸入していく空気量がアップされたことで、ヤマハ YZF-R1は更なる進化が実現されています。
他にもボア・ストロークがショートストローク化されていたり、吸排気バルブでは大径化されています。
新設計となっているポート形状であり、バルブの挟み角が詰まっていくことによって、ペントルーフ型の燃焼室がよりコンパクト化されていきます。

そして各パーツに合わせていけるようにYZF-Rシリーズにおいては初となっているロッカーアーム駆動方式が採用されています。
ヤマハ YZF-R1はこれらの機能を活かしていきながら、走行においてストレスにならない軽量化が実現されています。

ピストンなどでもヤマハ YZF-R1は軽量化されている

ピストンを見ていくとヤマハ YZF-R1では裏面に、ボックス形状となっているブリッジが設けられています。
さらにブリッジの天面側へと加工処理がしっかりと行われています。

これによって剛性が維持されていくだけでなく軽量化もしっかりと両立させていきます。
ヤマハ YZF-R1が往復運動における馬力低減、そして高回転について信頼性が着実に確保されていく、ボックスブリッジ型のアルミ鋳造ピストンが採用されています。
これも軽量化であったりフリクションロスの低減へと進んでいます。

シリンダーについてはヤマハ YZF-R1ではヤマハにおける4気筒エンジンについて、初となっているオフセットシリンダーが採用されています。
燃焼することによってヤマハ YZF-R1で燃焼によって生まれていく力が引き出されていきます。
年々ヤマハ YZF-R1のモデルも変わっており、現在では2014年モデルなどがメインとなっています。

Related Articles

Back to Top