税金はきちんと支払いましょう

税金について 税金はきちんと支払いましょう へのコメントはまだありません

税金の支払方法について

バイクは四輪と同じように自動車税の支払義務があるので、忘れずに支払をしましょう。
二輪車の種類によって軽自動車税か重量税かが異なりますが、二輪小型自動車までは軽自動車税、計二輪車や250ccを超える二輪小型自動車の場合、重量税が課せられます。
バイクの種類によって金額が異なりますので、こちらも忘れずに確認することが大切です。

税金の支払方法は、4~5月に納付書が送られてきたらコンビニや金融機関に支払用紙を持っていき、支払をするだけで完了します。
支払の控えは無くさずにとっておき、万が一トラブルがあった際には支払の証明が出来るように保管しておきましょう。
現金支払の他にもクレジットカード支払に対応している店舗も増えてきているため、手持で現金がないと言うタイミングでも安心です。

支払期限はいつ?

支払期限は納付書にも記載されていますが、早めに支払を行ないましょう。
自治体によっても異なりますがマックスで5月末と期限を設けている所が多い為、納付書を確認したらその場で支払をした方が安心です。

特に400cc以上の大型バイクの場合は車検の際に納税証明書などの書類が必要なため、準備のことを考えてできるだけ早めに支払をしましょう。
車検時に証明書が無いと車検が通らない場合も多い為注意が必要です。

バイクにかかる金額

金額はバイクの種類によっても異なりますが、90cc以下の場合2千円、91~125ccの場合2400円、125cc~250ccまでで3600円、250cc越で6千円になります。
250ccを超える二輪小型自動車の場合は基本1900円で、新車登録から13年経過したら2200円、18年以上したら2500円増額されますので、長年持つほど金額が上がります。

また125~250ccまでの軽二輪車の場合は新車購入時の場合4900円かかりますので、忘れずに用意しておくことが肝心です。
バイクが大きくなるほどその分金額も高くなりますので、大型バイクを所有する際には余裕を持って準備しておきましょう。

バイクの税金が未納だとどうなるのか

バイクの税金の支払が遅れた場合、まずは督促状という形で支払通知書が再度送られてきます。
この時延滞金として別途プラスで支払が必要になりますので、後になるほど損をしてしまうでしょう。
出来るだけ早く支払わないと支払う料金が増えてしまいますので注意が必要です。

一度の未納ですぐに差し押さえなどがあると言うことではありませんので、少し忘れてしまってもすぐに支払をすれば心配は要りません。
ただし未納が続くと当然ですが預金口座や給与の差し止め、車両本体の差し押さえが行なわれます。
重量車両の場合は車検の際に納税証明書が必要になりますので、車検を無事通過させるためにもきちんと支払をしましょう。

Related Articles

Leave a comment

Back to Top