バイクを持っている人なら知っておきたいバッテリーの交換の仕方

メンテナンスについて バイクを持っている人なら知っておきたいバッテリーの交換の仕方 はコメントを受け付けていません。

夏に注意したいバッテリー

バイクや車のバッテリーは、定期的に交換する必要があります。
長く利用していると劣化していくので、バッテリーの電力が弱くなっていると交換する時期になります。
  
バッテリーは車と同じように夏の季節になると上がりやすい傾向にあります。
バッテリー上がりが夏になるのは、エンジンを冷やすためのラジエーターのファンを活用する頻度が高くなるからです。

冬の場合には、バッテリーが弱くなりますが、交換しなければいけない季節は夏が圧倒的に多くなります。
そのため、夏の季節になるとバッテリー上がりを注意する必要があります。

バイクのバッテリーは、 2種類に分類できますが、どちらも灯火や方向指示器の点滅やセルモーターを動かすために必要不可欠なアイテムです。
バイクのバッテリーは自分でも交換することが可能です。

バッテリーを交換する必要性

バイクのバッテリーを交換するのは、バイクをスタートさせるために必要なセルモーターの電源になっており、一定以上の電力がないとセルモーターが作動しなくなるからです。
バッテリーを交換する時期になると、バッテリーは、充電を上手に行うことが出来なくなります。
劣化していくことで、必要な電力を確保す出来なくなるとエンジンストップになり、エンストしてしまいます。

そのため、定期的にバッテリーは交換することになります。
バッテリーが上がってしまったら、電気を充電して再利用することがあります。

購入したばかりのバッテリーであれば問題ありませんが、長く利用していると同じようにバッテリーが切れてしまう頻度が増えていきます。
こうなるとバッテリーの充電を行うだけでは解決できなくなるバッテリーを交換する必要があります。バッテリーの交換はページを踏めばだれでも行なえる簡単な作業です。

バッテリーの交換をする

バッテリーの交換で必要とされるのは、バッテリーの取り外しを行うドライバーです。
バッテリーの設置の時に必要なネジの種類によりマイナスドライバーか、プラスドライバーか異なります。

バッテリーを交換するときに手が汚れてしまうこともあるので、軍手を準備しておくと良いです。
バッテリー周辺をきれいにする事を同時に行うなら雑巾を用意しておきましょう。

バッテリー液の補充などのメンテナンスをする場合には、金属ブラシなどで、電気の接触部分を磨くこともできます。  
バッテリー交換ではバッテリーの液が必要な量入っていることが前提でバッテリーの交換を行います。
バイクを使用した後は作業を行うのは控えましょう。  

バッテリーを外すときにはマイナスから行います。
マイナスからプラスの順番は必ず守る必要があります。

接続端子はしっかりと選ぶ必要があり、新しいバッテリーはプラスからマイナスの順番で接続していきます。
しっかりと設置することができれば、だれでも行なえる作業です。
また、バッテリーの処分については市町村で定められた方法を守る必要があります。

Related Articles

Back to Top