エンジンを冷やす働きをしている冷却液の交換方法

メンテナンスについて エンジンを冷やす働きをしている冷却液の交換方法 はコメントを受け付けていません。

水冷エンジンに必要不可欠な冷却水

バイクの水冷エンジンでは、エンジンオイルと同じように冷却水は非常に大切な存在です。
エンジンを冷却するために必要な冷却水は、定期的に効果をする必要性があります。

バイクで必要な冷却はロングライフクーラント呼ばれるもので、LLCと略されています。
エンジンは、温度の上昇などを繰り返し行うと劣化が進んでしまうものです。
この冷却のために、LLCを利用することで、エンジンの冷却を行うことができます。

LLCは、ラジエーターのパイプを循環することで冷却することになります。
そしてラジエーターのパイプを洗浄することもできるので、定期的に交換をしないと汚れた状態で行う場合には冷却や洗浄が正しく行われなくなります。

冷却水の交換が必要な理由

冷却水は、LLCと呼ばれているものですが、定期的に交換をしてあげる必要があります。
この冷却水自体が劣化していくと冷却のための洗浄が正しく行われていかなくなります。

この状態が続いているとエンジンの冷却を適切に行われていかなくなります。
そして、エンジンの劣化が進むので冷却水は定期的に交換する必要があります。
冷却水なので、水で大丈夫と思われている人もいますが、お店で購入できる冷却水のLLCと水の混合やLLCだけで冷却水として利用できるものが販売されています。

エンジンを冷却するのに特別な冷却液を購入するのは、水だけだと凍結の心配があります。
このLLCを利用することで凍結をしないようにすることが可能です。
また、パイプの洗浄もLLCでは行えるため、水だけでなく、特別な冷却液を活用する必要があります。

この冷却水の交換は、お店でなくても行いますが、冷却水の処分が面倒なのでお店で行ってもらう人も多くいます。
自分たちで交換する場合には、冷却水の処分の仕方は地域により異なるので確認をして行う必要があります。

冷却水を交換する

冷却水が頻繁に交換する必要はありません。
冷却水は、補充する方法と、すべてを交換する方法があります。

補充する場合には減少した分補充することになりますが、それでも数年に1度は、すべての冷却水の交換が必要です。
バイクの冷却水の交換では、冷却水のタンク以外に補助用のリザーブタンクがある場合には両方のタンクから冷却水を抜く必要があります。

この作業で注意しなければいけないのはエンジンが冷えていることを前提で行う作業です。
冷却水をバイクで購入した後、交換作業をするときには、エンジンが冷えるまで作業を待つ必要があります。
そのため、すぐに交換作業をしたいなら、あらかじめ冷却水を購入しておく必要があります。  

冷却水の交換はラジエーターキャップを開けてドレンを開ければ排出されていきます。
冷却水が抜けた後でも、すべての冷却水が排出されたわけではありません。
若干残っている場合には水でLLCを全て排出する必要があります。

この作業を行うとタンクのLLCを全て排出する事ができます。
そして新しい冷却水を補充すれば作業は完了です。

Related Articles

Back to Top