走行するときに欠かせない部品「スパークプラグ」の交換方法

メンテナンスについて 走行するときに欠かせない部品「スパークプラグ」の交換方法 はコメントを受け付けていません。

スパークプラグは大切な部品

スパークプラグは、ガソリンエンジンの場合には必要不可欠な部品です。
ガソリンを転嫁するための部品がスパークプラグになります。

そのため、このプラグがしっかりと働かないとエンジンの調子や馬力が出なくなることがあります。
長く利用しているスパークプラグは寿命があります。

通常は、毎年の走行距離によって点検する必要がある場所です。
バイクメーカーでは、定期点検でスパークプラグの点検を行うように推奨しています。

それだけ大切な場所なので、バイクのエンジンの調子がおかしいと言う感じをした場合にはプラグの点検を行ってみましょう。
定期的に点検をした場合でも、その後劣化していることがあります。

スパークプラグの交換

スパークプラグの交換は難易度は低いのですが、いろんな道具を準備しておくことになります。
中でもエアブローできる機械がないと、交換するだけでは本来のエンジンの調子を取り戻すことができません。
必ず掃除を一緒に行うことになるので、掃除のための道具や工具を準備しておく必要があります。  

スパークプラグの交換は、プラグの取り外しから始まり清掃を行い、スパークのテストをしてから、プラグの取り付けを行い終了します。
取り外しが容易ではないのでしっかりと手順に従って作業を行いましょう。
また、プラグとプラグの周辺もしっかりと清掃をしておかないといけないものです。
最後に、プラグキャップ内側には接点復活剤を拭いておくことも忘れないようにしましょう。

プラグの作業では、プラグキャップとプラグにマーキングをして取り外します。
プラグホールをエアブローして異物を排出すると同時に、カーボンを除去する清掃しなければいけません。
プラグのアースを必ず行い、セルモーターを活用してスパークの確認をします。

スパークテストが終了したら、プラグの取り付けを行います。
硬くなった場所から30度締め付けて終了です。
文書としては簡単ですが、注意しないといけない場所もあるので、修理屋でのプラグ交換を見学して知識を吸収させる必要があります。

プラグ交換での注意点

バイクのプラグ交換での注意点は、清掃をするときに、プラグの中心電極や接地電極に触らないように掃除を行う必要があります。
清掃するために真鍮のブラシで掃除をすることになりますが、これらの場所には接触しないように注意して掃除する必要があります。
再利用するときにはきれいにするためにこの場所を触ってしまうことがあります。 

プラグテストも必ず行わなければいけない作業です。
新品のプラグであっても、確実にアースを行っておく必要があります。
確実に接触をさせていないとスパークが発生しないので注意しなければいけません。

電気は塗装している場所には流れないので、塗装されていない箇所でアースの確認を行う必要があります。  
エアコンプレッサーを所有していないとエアブローを行うことができないものですが、このエアブローは必ず行っておきたい作業です。
そのためエアコンプレッサー以外にもエアブローできるスプレー缶や人間の息で異物を吹き飛ばす作業を行うことができます。

Related Articles

Back to Top