安全に走行するためにも抑えておきたいエンジンオイルのメンテナンス方法

メンテナンスについて 安全に走行するためにも抑えておきたいエンジンオイルのメンテナンス方法 はコメントを受け付けていません。

エンジンオイルの役割

バイクのエンジンオイルは定期的に交換するものですが、交換する理由や時期についてはエンジンオイルの役割を理解しておくと交換する大切さがわかります。   
エンジンオイルは、エンジン内部にある部品を潤滑に動かすために必要な役割があります。
エンジン内部は金属同士が接触してしまい摩擦が発生しますが、オイルがあることで摩擦の軽減に役立ちます。  

エンジンオイルは、エンジンが熱を持った時の冷却にも役立つものです。
現在のバイクや車は全てエンジンオイルを活用しております。
エンジンオイルが劣化していくと冷却する機能も劣っていくためエンジンオイルの交換が必要です。

エンジン内部の金属が稼働しているときには隙間がどうしても生じてしまいます。
この隙間をオイルが密封することで能力を効率よく伝えることができます。   

エンジン内部ではガソリンと空気を燃焼させて、この燃焼の爆発によりバイクが動くことになります。
エンジン内部の爆発の影響により、エンジン内部が汚れていくものですが、オイルによって洗浄の役割をしてくれます。

また、エンジンオイルは、エンジン内部のサビを防ぐにも役立つものです。
これらの役割があるためエンジンオイルは常に綺麗な状態で活用することがエンジンの寿命を延ばすことにもなります。

エンジンオイルを交換する理由

エンジン内部で利用しているオイルは、定期的に交換しなければいけません。
それは、長くエンジン内部でオイルを活用していくとオイルの汚れや劣化が起きてしまうからです。

オイル自体を活用してエンジン内部を潤滑に稼働させるものですが、オイル自体も汚れることや劣化していくものです。
そのためエンジンオイルの劣化により、正しくオイルが機能しなくなっていくことがエンジンに負担をかけていくことになります。

定期的にエンジンオイルは交換はしていくことで、エンジンオイルの役割をしっかり行っていくことができます。
エンジンオイルは自由に交換できるものですが、交換の頻度や目安が決められているので、決められた基準に従ってエンジンオイルは交換していくことになります。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルは、定期的に交換をする必要があります。
ブレーキオイルやオートマオイルになると、これらの装置の機能の違いによって、オイルの交換が必要だと思われますが、エンジンオイルでも定期的に交換をしなければいけません。

車の場合にはガソリンスタンドでオイルのチェックをしてもらうようにバイクもオイルのチェックをする必要があります。
通常、オイルの汚れや劣化が目立っている場合には交換してあげる必要があります。  

エンジンオイルが綺麗な状態でも交換する目安があります。
通常エンジンオイルは走行距離や以前に交換した時期から一定期間で交換するのが一般的なサイクルとなります。

これもバイクの利用頻度により異なってきますが、走行距離や交換する時期はある程度決められて時期に行うことがあります。
走行距離では3,000キロごとに交換を行い時期では、半年に1回行うのが基本的な交換の目安となります。

しかし、オイルの劣化や汚れがない場合や頻繁にバイクを利用しているときにはこの交換時期が遅くなったり早くなったりして変動します。
そのため、以前に交換した時期の記録が必要です。

Related Articles

Back to Top