長期的に使用するために気を付けておきたいタイヤのメンテナンス方法

メンテナンスについて 長期的に使用するために気を付けておきたいタイヤのメンテナンス方法 はコメントを受け付けていません。

メンテナンスが必要なタイヤ

バイクのタイヤは、車の重さを受け止めるだけでなく、加速したときや、減速した時に路面との摩擦があるタイヤは、非常に酷使される部品です。
タイヤの表面が摩耗してきた場合には交換する必要があります。

交換するまでの間に点検や整備をすることで、長く利用できるものになります。
しかし、整備するためにはたくさんのポイントがあります。   

バイクのタイヤは、バイクの走行に大きな影響を及ぼす存在です。
快適で安全に走行するためには、タイヤは日常的にメンテナンスを行わなければいけない場所です。
タイヤのメンテナンスをおろそかにする場合には、正常な走行や正しい運転も行うことができなくなってしまいます。

タイヤは、ブレーキと同じように、とても重要なので、定期的に確認をすることもバイクでは必要な作業となります。
車と異なり、バイクのタイヤは、点検やメンテナンスを頻繁に行う必要があります。それだけ摩耗や劣化しやすいからです。

確認したいタイヤの状態

タイヤのメンテナンスでは、タイヤの溝の深さと空気圧に注意が必要です。
見た目の目視だけではわからないこともあるので、しっかりと点検する必要があります。

タイヤの溝は、タイヤが摩耗していくことで深さが浅くなっていきます。
通常タイヤの溝の交換の判断となるマークがあります。
この交換する溝の深さに到達しているタイヤがすぐに交換をする必要があります。
空気圧については、空気を補充することで空気圧の確認もできます。

バイクにも利用できる空気入れを購入すれば可能ですが、割と重労働になるので、ガソリンスタンドで確認してもらうのが便利な方法です。
この2つのメンテナンスを日ごろから注意していれば、タイヤの交換時期やタイヤの状態を把握することができます。

タイヤのメンテナンス

タイヤのメンテナンスをするには、タイヤの表面のお手入れをすることになります。
バイクのタイヤのメンテナンスでは、艶出し剤や保護剤を使用する場合には、タイヤの表面に染み出さないように注意が必要です。

タイヤの表面には老化防止剤が塗られているため、これらの保護剤等を塗布してしまうと、老化防止剤を落としてしまう原因になります。
この防止剤がなくなってしまうとひび割れの原因になるので注意しましょう。
特にタイヤのホイールで使用するときにはタイヤに注意しなければいけません。 

タイヤのメンテナンスでは、綺麗な状態にしておくことで表面の汚れや状態を確認しやすくなります。
タイヤを洗浄するときには水を利用することや薄い中性洗剤で軽く洗い流すのがオススメの方法です。

タイヤの表面のゴムに変化を与えないようにメンテナンスをする必要があります。
また、前後のタイヤで磨耗の違いにも注意が必要です。 

Related Articles

Back to Top