もしも事故にあったときのためにドライブレコーダー

もしものときは もしも事故にあったときのためにドライブレコーダー へのコメントはまだありません

バイクにドライブレコーダーは必要?

バイクのドライブレコーダーは車用のドライブレコーダーに比べるとあまりメジャーではありません。
ですが、ドライブレコーダーをつけておけばいざと言う時にも安心です。
万が一事故に遭った際の証拠になる他、保険会社に提出する際の証拠として認められることも多い為、備えておくと良いでしょう。

バイク用ドライブレコーダーは車用と同じように気軽に取り付け出来ます。
専用のドライブレコーダーも種類が多数ありますので、好みに合わせたタイプを選びましょう。

ドライブレコーダーの選び方

バイク用ドライブレコーダーにはいくつか種類があります。
いざと言う時の証拠用としてドライブレコーダーを設置するのであれば、前後どちらも撮影ができるタイプがおすすめです。
前方向だけでは無く後ろ方向も撮影ができるため、後ろからの追突事故などにも対応しています。

次にバッテリータイプのドライブレコーダーです。
こちらはバイクのバッテリーに繋いで直接電源を取れますので、電池や充電など別途準備する必要がありません。
取り付けには専門的知識が必要ですが、一度取り付けてしまえば何かあったときの備えにとして申し分ないでしょう。

より気軽につけられるドライブレコーダーをお探しの方におすすめなのが内蔵型です。
バッテリーが内蔵されており充電して使うタイプもあれば、電池で使うタイプもありますが、好きな場所に設置できます。
お値段もお手頃なタイプが多いので、まずは試しに設置したいという方にもピッタリです。

おすすめの機種

ライダーから特に人気が高いのがe-rakuのバイク用ドライブレコーダーです。
衝撃録画機能が搭載されていますので事故が起こった瞬間に自動的にスイッチがオンになり録画をスタートできます。
防水加工が施されている他、動体感知機能が搭載されていますので、車体に誰かが近づいてきただけでも録画開始できる優れものです。

防水加工に特化しており雨の日でも安心なのがBlueskyseaのドライブレコーダーです。
こちらはGPSも搭載されていますので、万が一バイク窃盗に合った際にも位置を特定できます。
130度の広角レンズが使われていますので前後左右広く撮影を行ないたい方にもぴったりです。

交通事故が起きた際に争点となりやすい信号機の点滅部分ですが、こちらもクリアに撮影出来るドライブレコーダーとして人気があるのがAKEEYOになります。
防水防塵加工が施されているためバイクレコーダーとしても使いやすい他、イグニッションのオンとオフに連結して録画開始が出来る所も便利なポイントです。
このようにバイク専用のドライブレコーダーは多数ありますので、自分に合っているメーカーを選ぶと良いでしょう。

Related Articles

Leave a comment

Back to Top