走行中にバーストしてしまったら

もしものときは 走行中にバーストしてしまったら へのコメントはまだありません

バーストとは?パンクとの違い

走行時に発生すると大事故に繋がるバースト。
パンクと勘違いされることも多いですが、パンクはタイヤの一部に穴が空いて空気が抜ける状態、バーストは瞬時にタイヤが破裂して一瞬で走行不能になる状態を指します。
パンクも危険ですが、パンクよりもバーストが起きた方が明らかに危険性が高いので、バーストが起きないようにすることが大切です。

バーストの原因にはいくつかあります。
その中でもタイヤの経年劣化やタイヤ内の空気圧の調整が出来ていないことなどがあげられるので、タイヤは定期的にメンテナンスを行い、バーストが起きないようにしましょう。

走行中にバーストしてしまったときの対応

走行中に万が一バーストをしてしまった場合、慌てて急ハンドルを切ったり急ブレーキをかけてしまったりすると間違えなく転倒します。
バーストしてしまったときにはとにかく慌てずに、落ち着いて行動する事を心がけましょう。

まず一番大切なのが、バーストした際にはとにかくできるだけ真っ直ぐ走るということです。
曲ろうとすると確実に転倒しますのでハンドルを真っ直ぐな状態にキープして、少しずつ少しずつスピードを落とすことを優先します。
スピードが多少落ちたら真っ直ぐの状態をキープしつつ少しずつ路肩に寄っていき、緩やかにブレーキをかけて停車してください。

この時急ブレーキをかけても転倒する可能性が高いため、とにかくゆっくりとブレーキをかけます。
フロントタイヤがバーストした時には特に、十中八九転倒しますので注意が必要です。
状態を真っ直ぐにとにかくスピードを落とすことだけを考えて行動する事が、バースト時の身を守ります。

慌ててしまうと大けがするだけではなく、死亡事故に繋がる可能性も高いです。
いつ何時バーストが起きるかわからないからこそ、高速道路などを走る際には特に、タイヤのメンテナンスを入念に行ってから出掛けるようにしましょう。

定期的にタイヤメンテナンスを行う

バーストをしないためには1にも2にも日頃からタイヤメンテナンスを行うことが大切です。
タイヤの状態を確認してミゾがどうなっているか、空気圧がどうなっているかなどきちんと確認します。
日頃からツーリングなど長距離走行をすることが多い方は特に、こまめにメンテナンスをしないとバーストまではいかずとも、パンクする可能性が高いです。

メンテナンスをする際にプロにお願いするのも1つの手ですが、簡単なメンテナンスであれば自分でも可能です。
メンテナンスする為には道具が必要ですが、数千円程度で購入できます。
パーツショップなどでもメンテナンス道具が販売されていますので、自宅に用意しておくと良いでしょう。

Related Articles

Leave a comment

Back to Top