バイクのエンジンがかからなくなったら

もしものときは バイクのエンジンがかからなくなったら へのコメントはまだありません

ガソリンが入っているか確認

バイクのエンジンがかからなくなるとついつい慌ててしまいますが、まずは落ち着いて、原因を探ることが大切です。
エンジンがかからない一番の原因としてあげられるのが、ガス欠になっていることがあげられます。
ガソリンが入っていないとエンジンはかかりませんので、ガソリンを規定量入れて様子をみましょう。

ガソリンを入れたらあっけなくエンジンがかかったというケースが少なくありません。
ガソリンを入れてもエンジンが動かなければ、次の原因を探ってみます。

セルモーターが回らない場合

セルモーターが回らない場合は、バッテリーそのものが切れている可能性があります。
まずはバッテリーをしっかり充電して、セルモーターが回るか確認をしましょう。
バッテリーがあるかどうかを確認するためには、ウィンカーが点滅するか、ブレーキランプがつくかどうかなどをチェックすると判断しやすいです。

またバッテリーの充電が満タンにもかかわらずセルモーターが回らない場合は、元々のマシンの構造で、何らかの操作をしないとエンジンがかからないタイプもあるでしょう。
バイクの種類にもよりますが、ニュートラルに入っていないとエンジンがかからないようになっている種類や、クラッチを握らないとエンジンがかからないモデルもあります。
自分のマシンの構造やエンジン始動方法を確認して、何らかの操作が誤っていないかどうか確認する事がポイントです。

他にも、ヒューズが切れたことが原因でセルモーターが回らないこともあります。
バッテリー交換時に取り付けを失敗した場合や、どこか断線している場合など、内部で致命的な欠陥が起こっている可能性もあるため、破損箇所を見つけて修理しないと危険です。
自分での修理方法が分からない場合は、プロに依頼をしましょう。

電気系統も確認して

電気系統に何らかのトラブルが発生している場合も、エンジンがかからない原因に繋がります。
電気系統に汚れがある場合、汚れを掃除すればエンジンがかかることもありますので、電極部分等を確認して必要に応じて掃除しましょう。
この時電極から火花が散っているなどのトラブルがある場合は、素人判断をせずにプロに任せた方が安心です。

原因に合わせて修理をしよう

エンジンがかからないときには心当たりがある場所を総当たりして、原因を見つけることから始めましょう。
原因が分かればある程度のことは自分で対応できますので、焦ることはありません。

ただし、原因が分かっても自分で修理が出来ないタイプのトラブルもあります。
無理して修理をした結果悪化してしまうことが無いように、よく分からない場合は出来るだけ早めにプロに依頼を行ないましょう。

Related Articles

Leave a comment

Back to Top