キャンプツーリングの楽しみ方

ツーリングについて キャンプツーリングの楽しみ方 へのコメントはまだありません

キャンプツーリングの持ち物や装備

壮大な自然に愛車と共に出掛けられるキャンプツーリングは、男女を問わずに人気です。
バイクに乗って旅をしたい、どこか気晴らしに泊まりがけのツーリングをしたいという方にもおすすめで、雄大な自然に囲まれながらのんびりとした時間を過すことができます。

そんなキャンプツーリングですが車で出掛けるのとは違い持ち運べる装備や荷物の量には限度があります。
あまりにも重すぎる装備や大きすぎる装備を持ち運ぶと、当然転倒の恐れがありますので、キャンプツーリングをする際にはいかに軽装で必要な物を持っていけるかどうかが鍵です。

まず持ち物としてあげられるのが折り畳みテントに寝袋、マットやシュラフ、グランドシートなどの住居となる部分です。
こちらは折り畳みタイプが多く、軽量化されているのにしっかりと暖かいタイプも多いですので、選ぶ時には機能性と持ち運び性能を重視して選びましょう。

次に、ランタンやバーナー、テーブルやチェア、クッカーにシュラカップ、アウトドア用食器などの、食となる部分、居座り心地を左右する部分です。
特に料理に関係する部分はキャンプツーリングの醍醐味ともいえる部分ですので、忘れ物が無いようにしっかり確認しましょう。
もちろん食材も忘れずに準備して、当日は簡単な調理をすればOKな状態にしておくことがおすすめです。

そして、折り畳み傘や常備薬、レインウェアに充電器など、もしもの時の備えとなる持ち物、スマホなど充電できるアイテムも忘れてはいけません。
こちらを忘れてしまうと急な事態に備えられず、憂鬱な気持ちで帰って来ざるを得なくなることもあるため、入念に確認します。
山の天気は変わりやすいので、雨具類や防寒具などはある程度多めに持参しておくと安心です。

注意点は?

キャンプツーリングは楽しむだけではなくいくつかの注意点があります。
まず場所選びですが、バイクを停められるかどうかはもちろん、バイクの乗り入れが出来るかどうかも確認が大切です。
バイク駐輪場からテントまで距離が離れていると荷物の積み込みをする際にも大変なので、バイクを近くに停められる場所を選ぶと良いでしょう。

また、貴重品類は肌身離さず持ち歩くことも忘れてはいけません。
多くの人が集まるからこそ、ある程度の警戒心を持ちましょう。

料理は楽しみの1つ!

キャンプツーリングの醍醐味と言えばやはり料理です。
インスタントラーメンやインスタント珈琲など簡単な料理でも、外で飲食するだけでいつもと全く味が変わります。
こだわりの料理を食べたいという方は事前に食材をカットしておいたり、下味をつけておいて簡単な調理をすれば良いようにしておくと、当日スムーズに料理できるのでおすすめです。

Related Articles

Leave a comment

Back to Top